滋賀県医療介護情報連携ネットワークシステムの機能

ネットワークシステムの機能

  1. IP-secまたはTLS1.2を用いて、ポータルサイトに接続します。ご利用には、インターネットの環境が必要です。
  2. ポータルサイトから地域連携システムへの接続により、電子カルテやレセプトコンピューターにある患者さまの医療情報を、患者さまの同意を得た上で関係者で共有いただけます。
  3. 在宅療養支援システムにより、患者さまの在宅療養に関わる情報を、患者さまの同意を得た上で関係者で共有いただけます。
  4. システム利用者間でセキュアメールの送受信や、ファイル共有による情報の共有が可能です。

※医療情報の共有については、職種等により制限があります。

ご利用のイメージ図

びわ湖あさがおネットのポータル画面イメージです
情報提供に同意された患者様の受診施設や受診歴を検索することができます
在宅患者様の経過記録といった情報も参照できます
システム内のメールによりシステム利用者間での連絡をとることもできます

利用申請の手続き

1 研修会受講

  • 利用方法、セキュリティポリシー、利用上の注意事項等を説明いたしますので、研修会をご受講ください。

2 利用申請

  • 利用申込書を協議会事務局までご提出ください。(原本のご提出をお願いいたします。)
  • 電子申請もご利用いただけます。電子申請はこちら

3 利用開始

  • 協議会事務局にて、システムへの利用登録を行います。登録が完了いたしましたら、ログインIDおよびパスワードをお知らせいたします。

※研修会の日程などは協議会事務局までお問い合わせください。

※システムへの登録には1週間程度要します。ご了承ください。

動作保証環境(ID-Link・HumanBridge導入22病院を除く)

ブラウザおよびプラットフォーム(OS)の推奨バージョン

ブラウザ バージョン プラットフォーム TLS 1.2 / SHA-2
Google Chrome 38~63 Windows(7以降)
iOS11
Microsoft Internet Explorer 11 Windows7
Windows8.1
Windows10
Safari(モバイル)
※タブレットも含む
11 iOS11

PCの推奨スペック

  • Corei3以上推奨
  • メモリ4GB以上推奨

モバイル端末(iPad、iPhone)の推奨機種(OSはいずれもiOS11)

  • iPad
    • iPadPro
    • iPad
    • iPadmini4(現行販売機種)
  • iPhone
    • iPhoneSE
    • iPhone6s
    • iPhone7
    • iPhone8/8Plus
    • iPhoneX

※上記はびわ湖あさがおネットポータル・小規模医療機関情報システム・在宅療養支援情報システムの動作保証です。

※地域連携システム(ID-Link、HumanBridge)の導入を検討されている、ないし導入済みの病院については対応範囲と方法が異なりますのでご留意ください。

2018年7月18日現在

ページ先頭へ